ようこそ、いらっしゃいませ!

タロットリーダー・なつです。

当ブログは http://ameblo.jp/natukihanda へ引っ越しました。

2015年04月13日

OSHO禅タロット 雲のエース CONSCIOUSNESS

OSHO禅タロット 今日の一枚

雲のエース CONSCIOUSNESS〈意識〉

17F22B2D-FEB5-46C2-9953-649FBA20DD5D.jpg

宇宙から見下ろす仏さま〜♡

関東はあいにくの曇り空ですが、

雲を突き抜けた向こうに大仏さまが見守っています。

今日は迷いがふっきれるかも。



------------------------------------------
昨日から読んでいる玄侑和尚の本のイメージがこのカード。

引いてしまいました(笑)



この本によれば、

「意識」を溶かすことによって、物が違う色に見えたりするとのこと。

意識=「私」を溶かすという作業をするのだそうです。

無心になるというとですね。


人間は普段は大脳皮質で情報を処理したり考えたりしていますが、

坐禅をすることで、脳幹部の、爬虫類時代の原初の脳が目覚めるのだそうです。

その脳は色を見る時に補色を見るそうです。




知性を司る大脳皮質の能力が人間を人間たらしめているわけですが、

脳の中にいる「私」だけが、「私」なのか?ということを、この本は問いかけています。



家事をするにも、仕事をするにも体をたくさん使って作業をし、

どこへ行くにも、たくさん歩く必要のあった時代は

無心にからだを動かす瞬間があり、人間はからだと繋がっていた。


しかし、現代は体が暇過ぎて、体の宿主である「私」という意識が、あーでもないこーでもないと考えてばかりいる。

「私」はからだを含めた「いのち」の一部でしかないのに、そこから離れてしまっている。

そのために自殺や心の病が増えているのではないかということです。


瞑想することによって、原初の脳を目覚めさせ、

生命体としての人間の体が、より根源的な状態に変化し、からだと一体になる。

思い悩んでばかりいる「私」が、実はいのちの一部であるということを思い出せるということのようです。




大脳皮質ばかり使って、バランスを欠いた状態が続けば、

いずれ日本人は根のない花のように枯れてしまうのではないか。

そう、玄侑和尚は心配していらっしゃるようです。



今日は後半、瞑想のやり方の部分を読みます。





タロットリーディングお申し込み受付中!
スケジュールはコチラ
お申し込み詳細はコチラ
メールリーディング受付中!
ホールセルフマンダラ 3000円
お申込み手順をご確認の上、お申込みください。
お申し込み手順はコチラ
 
お申し込みはコチラ
 

 

posted by 蒲原なつ at 10:28 | Comment(0) |  OSHO禅タロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする