ようこそ、いらっしゃいませ!

タロットリーダー・なつです。

当ブログは http://ameblo.jp/natukihanda へ引っ越しました。

2015年05月19日

OSHO禅タロット 1 EXISTENCE

OSHO禅タロット 今日の一枚

1 EXISTENCE〈存在〉

7EF717F2-2646-48B9-BCE2-E7CEC66974AA.jpg


あなたは偶然の産物ではない。存在があなたを必要としている。

あなたがいなければ、存在の中で何かが見失われ、代わりをつとめることは誰にもできない。

そのことが、あなたに尊厳を与えるのだ。

星や太陽や月、樹や鳥や大地―

宇宙のあらゆるものが、あなた意外の誰かではけっして埋めることのできない小さな空白を感じるだろう。



完全という蓮の葉に坐っているこの裸の人は、夜空の美しさを見つめています。

彼女は「我が家」というのは外の世界にある物理的な場所ではなく、くつろぎと受け容れることの内なる質だとということを知っているのです。



----------------------------------------
上の五行は解説書右頁のOSHOの講話部分です。

下の二行は左頁の解説部分です。


綺麗なカードです。

このカードを見て、どう感じるでしょうか。


寂しげなのか、満ち足りているのか。

一人存在するということは、様々な不安にも苛まれるものです。

しかし、講話と解説は「あなたは世界の全てと繋がっている、全ての次元から途方もない愛を受けている」と言っています。




「EXISTENCE」という言葉は、哲学用語では「実存」です。

実存主義からきています。人間が生まれてきた意味(本質や魂)などは存在しない。それは後から作られたもの、という考え方です。

実存主義は第一次世界大戦後に、社会の近代化に伴って現れた思想です。
しかし、この思想が定着してくるにつれて、それまで生きる理由や目的を宗教的教義に見出していた人々が、目的を見失い漠然とした不安感を抱くようになります。



このカードは実存と同じ単語を使いながら、個は(なにかもっと大きな)存在の中の一部であると言っています。

大学で哲学を学んだoshoが実存の意味を知らなかったはずはありません。

このカードがいつ、どうやって制作されたのか、実際の講話がどの言語で行われ、それがどのように訳されたのかわかりませんが、

「存在」をあえて「実存」と解釈したならば、

実存主義的な「存在」を再び「本質」(魂)に結びつけようとしていたように見えます。








日常ブログ「タロットに夢中」も更新中です(。・∀・)ノ


タロットリーディングお申し込み受付中!
スケジュールはコチラ
お申し込み詳細はコチラ
メールリーディング受付中!
ホールセルフマンダラ 3000円
お申込み手順をご確認の上、お申込みください。
お申し込み手順はコチラ
 
お申し込みはコチラ
 

 

posted by 蒲原なつ at 10:32 | Comment(0) |  OSHO禅タロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする