ようこそ、いらっしゃいませ!

タロットリーダー・なつです。

当ブログは http://ameblo.jp/natukihanda へ引っ越しました。

2015年12月16日

タロット妄想語り 0.愚者(逆)

0.愚者(逆)


晴れた空を見て、若者が旅に出たいと言い出した。

両親は驚くでなく、引き止めもせず、ただ眉をひそめて、今日の仕事をこなしてからにしなさいと言った。
若者がそう言うのは、今日が初めてではないからだ。

彼は思いつきで行動する癖がある。
以前も山の向こうへ行くのだと言って出て行ったが、途中で雨が降り出したり、崖から落ちかけて怪我をしたり、道に迷って何日もさまよい、這々の体で家に舞い戻ってきているのだ。

軽やかな足取りで村を出ていこうとする若者を見て、村人たちは指を指して笑っている。
旅に出るのかい、神のご加護を!などと言葉は良いが、にやにや笑いを隠しもしない。
今度は一体何日持つのか、賭けを始めた輩もいるようだ。

IMG_20151214_0001.jpg

軽装で山を越えようとしている。どう見ても無計画極まりない。
漠然と山の向こうと言うが、何日かかるのか、見通しも立てていない。
脳天気に鼻歌を歌いながら歩いている。

毎回、彼はこのような調子で、両親は振り回されて困り果てている。
彼の仕事はいつも中途半端な状態で放置されている。移り気で突然の思いつきで行動するからだ。
一体今までに、何かを成し遂げたことがあるのだろうか。

彼には、今ここでしなければいけないことより、新しい計画が常に魅力的に見えるのだろう。
だが、いつも計画はただの思いつきに過ぎず、実行する意志の力も、計画性もないのだ。

年老いた両親に孝行し、毎日の糧をきちんと稼ぐことの方が、ずっと大変で意義のある仕事だというのに、彼はその価値に気がつかない。




----------------------------------------------------
愚者は逆位置になると、ただのおバカちゃんになるのですね。

正位置も逆位置も、たぶん紙一重には違いないと思うんですけどね(´ω`;)
明暗を分けるのはなんなんでしょうか。

ゼロですからね。
正位置での愚者は、ゼロを自由で無限とし、逆位置の愚者は中身のない空っぽとするのかもしれませんね。


書いていて思い出したのは、のび太でした(笑)
便利な道具を目先の欲に使っては、失敗する浅はかさが愚者の逆位置っぽくありませんか。


愚者の逆位置が出たら、今計画していることを、一歩下がって見直してみましょう。
ひとりよがりで傍迷惑な行動をしていませんか?

ドラえもんの忠告に耳を傾けてください♪



日常ブログも更新中です(。・∀・)ノ

タロットリーディングお申し込み受付中!
スケジュールはコチラ
お申し込み詳細はコチラ
メールリーディング受付中!
ホールセルフマンダラ 3000円
お申込み手順をご確認の上、お申込みください。
お申し込み手順はコチラ
 
お申し込みはコチラ
 

 

posted by 蒲原なつ at 19:46 | Comment(0) |  ライダー版タロット妄想語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする