ようこそ、いらっしゃいませ!

タロットリーダー・なつです。

当ブログは http://ameblo.jp/natukihanda へ引っ越しました。

2016年05月28日

魔女の血をひく娘 セリア・リーズ


ノンフィクションのように書かれたフィクションです。

マサチューセッツ州ボストンの研究機関で、アメリカの植民地史を研究するアリソン・エルマンは、ある日、古いキルトのなかから、多数の紙片を見つけた。それは、今から340年あまり前に、「魔女狩り」の危機を生きのびたひとりの娘の「日記」だった。
娘はメアリー。14歳。

イングランドの村はずれでおばあさんと2人暮らしていた。おばあさんは薬草や癒しの技を知る治療師で占い師だった。
日記はおばあさんが魔女として告発されて、連れて行かれた1659年春から始まる。おばあさんが処刑された日に、メアリーは謎の貴婦人の助けを借りて村から出て、清教徒の一段に混じりアメリカ大陸へ逃れる。

おばあさんの教育のおかげで、メアリーは英語とラテン語の読み書きができて、鋭い観察眼と深い洞察力があった。美しく賢い少女だった。
それは偏狭な指導者を妄信する信者達のコミュニティで暮らすには、危険なことだった。


宗教革命、魔女狩り、アメリカへの移民。信心深く、愚かにも迷信深い人々。当時の知識では説明のできない災いが起きると「悪魔の仕業」とされ、魔女がいるのではないかと、犯人探しが始まる。
人権意識が市井の人々に根付き始めるのは、18世紀のフランス革命後になるのではないかと思います。(詳しくないのでたぶん、です)
メアリーは他の少女よりはるかに賢いのに、いつ素性がばれてしまうかと、怯えながら暮らさなければならないのが気の毒。どきどきはらはらしながら読みました。
そんな環境でも、彼女の知識欲と好奇心は止められるものではなく、密かにインディアンの少年と交流を持ち、薬草の知識を分けてもらったり、日記に本当の気持ちを綴り続けていきます。彼女の日記から目を離せなくなります。
しかし、とうとう彼女は名指しされてしまいます。彼女は町を出て行きました。日記はここで終わりです。

2巻は「その後のメアリーと彼女と共に暮らしていた人々の足跡を、アリソン・エルマンが調査していく」という形式になるようです。
森を抜けてメアリーはどこへ向かったのか。2巻へGO!

image.jpeg

タロットリーディングお申し込み受付中!
スケジュールはコチラ
お申し込み詳細はコチラ
メールリーディング受付中!
ホールセルフマンダラ 3000円
お申込み手順をご確認の上、お申込みください。
お申し込み手順はコチラ
 
お申し込みはコチラ
 

 

posted by 蒲原なつ at 21:25 | Comment(0) | ◆BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

「いのち」のままに 心の自由をとりもどす禅的瞑想法


「いのち」のままに: 心の自由をとりもどす禅的瞑想法 (一般書) -
「いのち」のままに: 心の自由をとりもどす禅的瞑想法 (一般書) -


テレビ等でお馴染みの玄侑和尚。
禅の講演会や体験会を開くと、大勢の方が集まるそうです。

しかし、坐禅はある程度熟練を必要とし、まず、結跏趺坐や半跏趺坐を組むために痛みの克服からはじめなければいけない。
なんとか一般人に向く瞑想法はないかと、いろいろ試してアレンジされた、日本人向きのオリジナル瞑想法が紹介されています。

確かに、これならば日常の中に瞑想を取り入れることが出来ます。


そもそも、何故瞑想を勧めるか。

現代人の生活は体を使う機会が非常に少なくなっている。
子供達も外遊びをする場所や機会が減り、ゲームばかり。
ほとんどの人が脳を支配する「私」の意識のみが「いのち」だと思っている。

しかし、そうではない。
体もいのちである。体にも生きる意志がある。
海に飛び込んで自殺を図ったとして、「私」は死にたいが、体は生きようともがき苦しむではないか。

現代は「私」の意識の悩み苦しみに囚われて、バランスを欠いた人間が増えている。自殺者や心を病む人の多さ。日本人はこのままでは根のない花のように枯れてしまうのではないか。
「私」という心を一時離れ、無心になること、「いのち」の流れを感じることで、悩みや苦しみを緩和することが出来るはず。

そのための瞑想のすすめということです。




この本の中に「禅語」がいくつか紹介されています。
他の禅僧の著作も少し読みましたが、禅語を、仏教の基礎知識の薄い一般人に説明するのは難しい時もあるようです。
さすが小説家であり、僧侶。読みながら、すんなり理解できます。

瞑想状態の脳の科学的な検証も書いてあったり、「いのち」が流れである、という部分で福島伸一さんの「動的平衡」が登場したり、私的には膝を打ちながら、そうかそうかと読みました。
現代人、一般人が「禅」を身近に感じ、腑に落ちるお話がたくさん出てきます。


図書館で借りたので、期限の関係で瞑想の実践は行わずに読むだけで返却しました。
(順番待ちで借り、更に予約が入ってました。)


166059BF-C55E-48E9-B8A0-444075F5174A.jpg
タロットリーディングお申し込み受付中!
スケジュールはコチラ
お申し込み詳細はコチラ
メールリーディング受付中!
ホールセルフマンダラ 3000円
お申込み手順をご確認の上、お申込みください。
お申し込み手順はコチラ
 
お申し込みはコチラ
 

 

posted by 蒲原なつ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

空腹が人を健康にする

「空腹」が人を健康にする -
「空腹」が人を健康にする -

1日1食を推奨する南雲医師の本です。

空腹状態の時に、体の危機を察知して様々な遺伝子が活動を始める。
なかでも「サーチュイン遺伝子」は空腹状態にあって、細胞を修復する。
若々しく延命するために必要なのは空腹である。

要約し過ぎですがそういう事。

人類の歴史は、ほぼ飢餓との戦い。食糧が安定供給されるようになったのは、つい最近。それも先進国に限定される。

飽食の時代の生活習慣病。ならば逆に飢餓状態に体を置くことで、人間が本来持っている遺伝子を活性化させ、ホルモンの働きも改善させようということです。


栄養学なのか、生理学なのか素人にはわかりませんが、最近、今までの定説をひっくり返そうとする動きが活発ですよね。糖質制限しかり。
とにかく既存のやり方で病が防げてない。改善しない。とりわけ、生活習慣病の類はなんともし難いわけで、新しいやり方を模索するのはアリだと思います。
だって、現在の考え方だって、確立して何年位なのでしょう?

遺伝子の概念が確立されて150年程、ビタミンが名付けられてからは100年ちょっとです。
もしかしたら、今まで信じていた食べ方は間違いなのかもしれません。

ただ、まだそれは証明出来ない。一般に広く勧めるには、まだデータが足りないでしょう。
読んでいて、それは飛躍し過ぎでは?と思う部分もありました。
もし、挑戦するなら、本の通りではなく自分の体の声をしっかり聞くことではないかな。
そして、自己責任ですね。


女性と男性は体の機能が違うので、この1日1食が女性の体に向くのか、そこは疑問です。
南雲医師も成長期の子どもと閉経前の女性は例外としています。
芸能人でも1日1食の方が多いようですが、私が知る限り殆ど男性です。
生理で鉄を定期的に失う女性はしっかり食べる事が大切なのではないかな。体脂肪が少な過ぎても女性ホルモンは減ってしまうのです。


どんな健康法も食事法も自分の体と相談できない人はやめておいた方がいいと思います。
やってみたら合わないかもしれない。それでも無理に続けたら逆に病気になるかも。

究極、自分の体は自分が守るってことです。自分で調子がいいと感じるやり方を見つけることではないでしょうか。


E906EF41-E2AB-4473-B5F6-4DAA1DC3CE49.jpg


タロットリーディングお申し込み受付中!
スケジュールはコチラ
お申し込み詳細はコチラ
メールリーディング受付中!
ホールセルフマンダラ 3000円
お申込み手順をご確認の上、お申込みください。
お申し込み手順はコチラ
 
お申し込みはコチラ
 
宝石赤蒲原なつのプロフィール

 

posted by 蒲原なつ at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする